トップページ マンションの塗り替え補修 リノベーション 工事の流れ 会社案内

塗り替えの見極め

外壁の塗り替え時期は大規模のマンションで、10年前後と一般に言われています。

その訳は、いつまでも若く美しくあるためには、私たちと同じように日頃から健康管理に気を配る必要があるからです。

定期的に健康診断(劣化診断)を行い、それに基づいて適切な治療(改修工事)を受けることが重要です。
 

下記は簡単な診断です。皆さまのマンションはいかがでしょうか?

 




1. 外壁塗膜の白亜化(チョーキング)

手で外壁の塗膜をこすると白っぽい粉が付いてくる。

これは熱、紫外線、風や雨などで塗料の表面が劣化し始めた兆候で、ほおっておくと、
雨などが染みこみフクレやハガレの原因になります。

白っぽい粉は塗膜の樹脂分が劣化し、浮き出た塗膜に含まれている粉状物です。
この状態は建物を保護している塗膜が劣化してきてますよ、と知らせている合図とも言えます。

 

2. 外壁のひび割れ  

外壁のひび割れの大きさによっては、塗り替えと同時に補修のご検討が必要です。

特に外壁に構造クラックが多い場合、大きなひび割れでフクレやハガレ、雨漏りなどの原因になります。

 

3. 浮き、剥れ

浮きは、モルタルやタイルなど重ねた部分や張り合わせた部分に空間ができ、水分などが浸入して起こり、
剥がれやすくなっている状態です。

外壁ではほっておくと落下の危険性があり、屋上防水では漏水の可能性がある、と言えます。

 

4. カビ、コケ

カビやコケは塗料などを侵蝕して下地まで痛めてしまうこともあります。

一般的な塗り替え時期の目安として、築年数、外観や内部の劣化状況から判断されることが多いようですが、
だいたい7年~10年くらいを目安にしていただければ良いと思います。

 

快適な暮らし、そして建物を長持ちさせるには、定期的な点検とメンテナンスが必須です。